このウェビナーを視聴するには、ログインする必要があります

Back to webinars

#primetimemachine-Ceramil Matikが日常の歯科ルーティンをどう改善できるか

キッチンのサーモミックス、ラボのCeramill Matik-違いは何か? Ceramill Matikで価値創造の時間が40%以上増える?実際これをどう使うのか?ラボの機械の前での直接のエキスパートラウンドでは、トーマス・ギーンガー(Thomas Gienger)氏とハンスゲオルク・カール(Hansgeorg Kaul)氏を迎え、Ceramill Matikが特に小さいラボでいかにシンプルに使用できて、歯科技工士の作業時間が増えるかについてのディスカッションを行います。

価値創造の時間が40%以上増える-Amann Girrbach社のフルサービスユニットは、ブランクとツールを取り扱っています。 Amann Girrbach社は、新しいCeramill Matik処理ユニットでラボのデジタルルーティンに革命をもたらします。革命的なフルサービスユニットは、ウェットモードとドライモードの自動切り替えが可能なインテリジェントツールマネジメント、統合クリーニングユニットとともに、実際の処理ステーションと完全自動化在庫管理システムを組み合わせます。 これは、Ceramill Matikが完全に独立して作動し、夜間や週末に監視がなくても製造可能であることを意味します。したがって、歯科技工士は、これまで業務時間の40%ほどを占めていた生産性のない派生的作業から自由になります。これで歯科技工士は、基本的な歯科技術自体とラボでの価値創造に100%集中することができます。 しかし、これは日常作業において何を意味するのでしょうか?トーマス・ギーンガー氏とハンスゲオルク・カール氏より、直接アプリケーションを使用して、アプリケーション(application)のA、利便性(convenience)とクリーニング(cleaning)のC、材料管理(materials management)のM、業務(operation)のOからRFIDのR、時間削減(time-savings)のTのすべてを説明していただけます。興味をお持ちの方は、アプリケーションに関連したCAD/CAM制作がCeramill Matikを使えばいかに簡単か、最初のフルサービスユニットで時間と歯科技工士の価値ある時間を取り戻せるか、直接フォローしてみてください。

  • トピック製品レクチャー
  • 言語DEENESFRIT
  • 発売日木. 22 4月 2021, 10:15 午後 JST
  • 期間60 分

変更の可能性

フォローしてください