このウェビナーを視聴するには、ログインする必要があります

Back to webinars

高速焼結:今日の焼結プロセスはジルコニアマジックですか?

高速焼結-それはジルコニアの魔法の言葉ですか?これは何を意味し、ジルコニアの急速焼結がその機械的、光学的特性に与える影響は何でしょうか?これはすべての適応症をカバーするようにも使えますか?これらの質問はすべて、このレクチャーの流れの中で答えが出てきます。

ジルコニアの開発はきわめて速いスピードで進んでいます。近年では、モノリシック修復物は不透明な骨格材料から審美性の高い材料に進化しています。しかしそれは、コンスタントに最適化されている材料の組成だけでなく、処理もです。今日は、削合が可能で、とりわけ、短時間での材料の焼結が可能です。高速焼結の所要時間は約30分です。このプロセスの間、チョーク様の物質が最終強度を持った固い状態へと変化します。しかし、速いことが必ず良いことなのでしょうか?機械的特性と光学的特性に関するこれらの疑問は、このレクチャーの流れの中で答えが出てきます。この流れの中では、自身の調査と既存の科学的文献が提示され、批評的に議論されます。

Prof. Dr. Dipl. Ing (FH) Bogna Stawarczyk: Amann Girrbachからの謝礼
  • トピック戦略講義
  • 言語DEEN
  • 発売日金. 23 4月 2021, 10:30 午後 JST
  • 期間45 分

変更の可能性

フォローしてください