このウェビナーを視聴するには、ログインする必要があります

Back to webinars

デンタルラボでの日常作業における3Dプリンティングによる総義歯:デジタル-完全にフィット-審美性が高い-収益が高い

すべてのラボに2種類のコースメニューを-3Dプリンティングを使用する完全歯科システム。 プロジェクトマネジャーであるハンスゲオルク・カール氏は、実績あるCeramillシステムを使用して、3Dプリンティング技術との組み合わせで、コスト効率が高く、審美性の高いデジタル歯科を生み出す方法のデモンストレーションを行います。

費用対効果と審美性が一体に! Ceramill 3Dプリンター用のNextdent 5100と組み合わせれば、Ceramillの完全歯科システム(FDS)ソフトウェアモジュールが、即効性を持ってシステム内の3Dプリンティング技術を利用するすべての道筋を開きます。 現在、コスト効率が高く、個々に印刷された義歯床は、優れた歯科技工所の既成義歯との組み合わせが可能で、それにより、基底でも咬合でもどんな状況でもデジタルで完全に適応可能です。 製造側では、fdsワークフローの特別な機能は「Ceramill用」サポートであり、3Dシステムと一緒に開発された特別開発のレベリングツールであるBuildstyleは、プラットフォーム構築時の義歯の自動ネスティングも行います。

Gerrit Scholz: No financial interest to dislose
Hansgeorg Kaul: No financial interest to dislose
Silke Zügel: No financial interest to dislose
Eva Kolb: No financial interest to dislose
  • トピック製品レクチャー
  • 言語DEEN
  • 発売日金. 23 4月 2021, 12:00 午前 JST
  • 期間45 分

変更の可能性

フォローしてください