このウェビナーを視聴するには、ログインする必要があります

Back to webinars

スキャニングのトップで-口腔内のデジタル化の現状は?

口腔内のスキャニングは現在、非常に大きな興味と熱狂を集めています。一方で、世界中の開業医らは、これらデジタル化システムのパフォーマンスとポテンシャルについて活発に議論しています。レクチャーでは現在の科学的状況をまとめる試みが行われ、可能な臨床適用、メリット、限界を示すとともに、未来についても語られます。

口腔内のスキャンニングは、デジタル歯科のワークフローにより一層繋がったロジカルアクセスポイントであり、現在、非常に大きな興味と熱狂を集めています。一方で、世界中の開業医たちは、これらのデジタル化システムのパフォーマンスと可能性、特に特定のシステムの精度、接続されたワークフローを日常的に使用することの適切性、適応症の分野、そのシステムを自身のオフィスと個々の日常作業にどう統合できるかについて、疑問を持っています。レクチャーでは、さまざまなデジタル印象システムの現状についてお話させていただき、科学的な観点と実際の臨床的位置づけに焦点を当てて現在私たちがしていること、現在と未来を比較します。

Prof. Dr. med. dent. Jan-Frederik Güth: Amann Girrbachからの謝礼
  • トピック戦略講義
  • 言語ENDEITPTJP
  • 発売日金. 23 4月 2021, 8:00 午後 JST
  • 期間40 分

変更の可能性

フォローしてください