このウェビナーを視聴するには、ログインする必要があります

Back to webinars

シングルユニットインプラント修復のデジタルワークフロー

デジタルインプラント印象は、口腔外科と歯科補綴学のインターフェース間のリンクを象徴しています。したがって、口腔内スキャニングは、完全なデジタルインプラントのワークフロー開発に大きな役割を担っています。インプラントのプラットフォームの位置を3Dで正しく検出し、インプラント上の粘膜構造を移すことは、結果を予想しながら治療を成功させるためには必要不可欠です。さらに、歯科療法の概念においては患者中心の結果が重要性を増しています:全体的治療の臨床的成功は自明のこととして想定され、利便性を追求した戦略は、それを求める患者も注目しています。 しかし、通常のインプラント診療において歯科医と患者の期待を満足させる臨床的、技術的要件を満たすためには何バイト必要なのでしょうか?デジタルワークフローの実装は、個人の態度と興味に強く依存しています。今日ではもう、バーチャルインプラントテクノロジーの実装は「もし」の問題ではなく、「いつ」の問題になっています。

Prof. Dr. med. dent. Tim Joda: Amann Girrbachからの謝礼
  • トピック戦略講義
  • 言語DEEN
  • 発売日木. 22 4月 2021, 9:00 午後 JST
  • 期間45 分

変更の可能性

フォローしてください