このウェビナーを視聴するには、ログインする必要があります

Back to webinars

オールセラミック材料を活用する:歯牙とインプラントのための臨床的概念

今日の高強度ガラスセラミックとジルコニアベースのセラミックは、日常診療の中で難なく使われています。科学に基づく臨床的推奨では、どの臨床状況にどの材料が最適であるかについて明確にアドバイスしています。参加者は、症例の選択、準備またはインプラントの埋入、印象技術と送達に対する率直な概念を学びます。

過去数十年間において、オールセラミック材料を部分的、単独、複数単位で修復物として使用することが一般的になってきました。メタルセラミックと比べて優れた審美性と生体適合性を持つ臨床的メリットが、多くの開発につながっています。今日の高強度ガラスセラミックと、ジルコニアベースのセラミックによるさまざまな修正材は、日常診療の中で難なく使われています。これら材料を作成するデジタルプロセスは、エラーが少ない傾向にあり、より正確です。一方で、デジタル印象技術により臨床手技も簡素化されています。各臨床状況に正しい材料を選ぶことは困難を伴います。科学に基づく臨床的推奨では、どの臨床状況にどの材料が最適であるかについて明確にアドバイスしています。参加者は、症例の選択、準備またはインプラントの埋入、印象技術と送達に対する率直な概念を学びます。

Prof. Dr. med. dent. Florian Beuer: Amann Girrbachからの謝礼
  • トピック戦略講義
  • 言語ENDEIT
  • 発売日土. 24 4月 2021, 9:00 午後 JST
  • 期間35 分

変更の可能性

フォローしてください