このウェビナーを視聴するには、ログインする必要があります

Back to webinars

インポート/エクスポート-デジタルワークフローにおけるデータ管理ですか? それとも「伝言ゲーム」をしますか?

口腔内のスキャンデータを元に、歯科医からデジタル製造プロセスまでの道のりをどうやって見つけますか?毎日の作業の中での課題は何ですか? よくある「伝言ゲーム」のような結果を避けるため、プレゼンテーションの狙いは、総合的な「ロードマップ」の中で作成されたデータの道を描き出し、ステップごとに業務内での使用について手早く強調することです。

私はスキャンデータを記録する1人として歯科医の皆さんにお見せしたいのです。口腔内スキャナの製造者によって提供されるオプションは幅広く利用することができます。この目的にはどのインタフェースが利用できるか?それが製作にやって来るときの古くからのパートナーとしての役割において、歯科技工士は、歯科医に繋がるインターフェースに頼ります。市場で利用できるさまざまなiOシステムのおかげで、デジタルオーダーを取ることは歯科技工士にとって時間がかかることであり、費用もかかります。 インターフェースを構築し、安全にする必要があり、患者データは頻繁にエクスポートし、再インポートする必要があるのです。そのため、可能な限り安全なプロセスを用いた臨床医との連携が難しくなります。成功するデータ管理は、増え続けるデジタル作業環境において重要な部分を占めます。デジタルワークフローにおける明確さと安全性は、成功するチームワークと最高品質の患者ケアのための必須条件です。そのために私は、有名な製造者によって提供されるワークフローを、そのさまざまなアプローチとともに、独立し、透明な部分に分けたいと考えています。

Clemens Schwerin: Amann Girrbachからの謝礼
  • トピック戦略講義
  • 言語DEEN
  • 発売日金. 23 4月 2021, 11:30 午後 JST
  • 期間60 分

変更の可能性

フォローしてください