このウェビナーを視聴するには、ログインする必要があります

Back to webinars

「チームアプローチにおける革新的治療のコンセプト-アナログからデジタルへ」

デジタルテクノロジーはこれまで、歯科医とラボの技工士の間のチームアプローチを変え、より診断的な情報へのアクセス、良好なコミュニケーション、高い予測可能性を提供しています。レクチャーでは、歯科医とラボの技工士の協力についての現状と今後の見通しをお見せします。

デジタルテクノロジーはこれまで、歯科医とラボの技工士の間のチームアプローチを変え、より診断的な情報へのアクセス、良好なコミュニケーション、高い予測可能性を提供しています。ワックスアップからモノリシックポリマー材料への移行に伴い、審美性と機能性の臨床評価の新しいオプションが加わりました。CAD/CAM製造による両顎スプリントは、可逆的な試運転で最終的な治療目標を探ることができます。スプリントを除去できること、手術、歯周に基づき、この期間に修復前処理を組み込むことができます。機能上、最終修復の試運転は、長期的な登録という意味では重要な情報を提供します。特に、オールセラミックモノリシック修復剤の咬合デザインはこの手技でプラスになります。最終的な修復剤への移行は、複数の治療ステップに分けることができ、複雑なリハビリテーションの危険因子を最小化します。レクチャーでは、歯科医とラボの技工士の協力についての現状と今後の見通しをお見せします。

Prof. Dr. med. dent. Daniel Edelhoff: Amann Girrbachからの謝礼
  • トピック戦略講義
  • 言語ENDEITJP
  • 発売日土. 24 4月 2021, 10:15 午後 JST
  • 期間45 分

変更の可能性

フォローしてください